人生構文エラー

考え事の整理用 、備忘録

Twitter懸賞に4万回参加してみて分かった懸賞の当て方①

今回は、ツイッターで行われる様々な懸賞の中でも、フォローとリツイートで参加出来る懸賞について、普通の人は分からない側面から解説していきます

タイトルには当て方と書きましたが、まず参加した上で、正しく抽選対象になる方法について知ってもらいます。意味がわからないかと思いますがまず読んでみてください

ツイッターの仕様から見えてくる「厳正な抽選が不可能な」懸賞

ツイッターで行われる懸賞には、個人、企業を問わず様々なものがあります

特に企業が開催するものは信用できるので、何千というアカウントが応募しているのを見かけますね

が、しかし

参加者が多すぎる懸賞は正確に当選者を決めることがほぼ不可能になる場合があります

理由は以下の通りです

そもそもRTしたユーザーを閲覧できるのは最新の100人まで

アプリやブラウザから実際に見てもらえば分かると思いますが、リツイートしたユーザーは全員表示できません。なぜと聞かれてもツイッターの仕様なので仕方ないです

つまり、この最新100人のユーザーから当選者を決めている懸賞がある可能性があります。ハッキリ言って厳正な抽選かどうかなんでまずバレないので、手軽なこの手を使うところがあってもおかしくありません

参加者が3200を超える懸賞は抽選が不正確になる可能性大

リツイートの一覧ではなく、「検索」によってリツイートしたユーザーを特定し、なるべく多くのユーザーから抽選するツールがあります。「Tweetdraw」や「あたれら」などです。これらを使えば、最新3200件までのユーザーを取得することが出来ます(サービスによってはもっと少ないものもあります)

もうお分かりだと思いますが、例えば参加者が5000人の懸賞があったとして、先に参加した1800人は抽選の対象外になる可能性があります
つまりツイッターの懸賞は開催直後に参加してもメリットなんか一つもないということです

自分のツイート全てを検索から取得するスクリプトを組んだことがあったのですが、3220件程度で止まってしまいました。どうやらある検索結果に対して3200件前後しか遡れないような仕様になっていると思われます。詳しいことは分かりませんが、いずれの抽選サイトも多すぎる参加者を全て特定するのは不可能だとしています

大規模な懸賞主催者は参加者一人一人真面目にメモするしかない

ツイッターを利用する場合は仕様の壁に阻まれます。つまり手作業で参加者を確認する他ありません。3000人以上のユーザーを1件1件メモするか、常に監視して保存するようなプログラムを作ってくれる懸賞が、さていくつあるでしょうか

まあほとんど無いでしょうね

つまり、当選確率を少しでも減らさないためには?

ツイッターのフォロー&リツイート懸賞に当選したいのなら、締切ギリギリに応募すると良いかもしれません

次回は懸賞詐欺の超簡単な見分け方について書きます(多分)